自動調合プレミックス飼料プラント

江蘇良友正大株式会社は飼料機械と工事を専門に生産して、お客様にプラントの解決策を提供でき、お客様の異なるニーズに応える。例えば、家畜飼料(豚など)、家禽飼料(ニワトリ、カモ、ガチョウなど)、反芻飼料(牛、羊など)、普通の水産飼料(4つの主要な中国の魚など)、特殊な水産飼料(エビやカニなど)、膨化水産飼料(浮くと沈む魚飼料やエビなど)、プレミックス飼料(各種の添加物などを含む)、ペットフード(キャットフード、ドッグフードなど)がある。



SFYH1000自動プレミックス飼料の生産ラインを例にして、プロセスフローと各工程に基づいて以下の紹介と説明を行う。

プレミックス飼料の定義:プレミックスは添加剤予混合飼料の略称であり、一種或いは多種の微量成分(各種の微量鉱物元素、各種のビタミン、合成アミノ酸、いくつかの薬物などの添加剤を含む)と希釈剤或いはキャリヤーを要求に従って配合し、均一に混合した中間型配合飼料製品である。プレミックス飼料は全価配合飼料の重要な成分である。


SFYH1000 automatic batching premix feed set

原料:

原料は希釈剤やキャリヤーを主とし、各種ビタミン、鉱物元素、薬物などを添加している。少量、原料の種類が多く、原料が粉末状状が多いのはプレミックス原料の特徴である。

プロセスフローの紹介:

 SFYH1000自動プレミックス飼料生産ラインの混合量は1T/ロット(約6T/H)であり、キャリヤーと小さい材料を分離し、単独のコンピュータで自動的に秤量調合する方法を採用し、1台の単軸ブレード混合機、1台の予混合材料専用の自動包装秤を採用する。

 この設備は総出力が約63KWであり、敷地サイズが約12×11×33mである。この生産ラインはコンパクトなデザインと合理的な構造があり、環境保護の要求を満たし、顧客の要求に応じた方向性設計を行うことができる。

技術プロセスチャート:

原料の受け取りと清潔プロセス→原料の調合・混合プロセス→梱包プロセス→補助プロセス


技術プロセスの特徴と紹介:

プレミックス材料の交差汚染と分級の特徴に合わせて、本設計はキャリアーアップした後、原料倉庫から梱包まで、材料を完全に自動流れのプロセスに頼って、再度の輸送による交差汚染と分級のリスクを防止できる。

原料の受け取りと清潔プロセス:原料中の不純物を清潔し、製品の品質と後続の加工設備の安全を保証する。

清潔設備:粉末篩SQLZ60×50×100 5.5KW 生産力10-15T/H

調合・混合プロセス:このプロセスは2台の材料調合秤を採用して、4つのキャリヤーの倉と8つの小さい材料の倉が単独で重さを量り、その中の微量元素が人工的に添加して検査秤を併設する。調合した材料は混合机に入って混合して、最後に直接完成品倉庫に入る。

秤量設備:材料調合秤PCS-05/PCS-02、精度:動態≤3‰、静態≤1‰

混合設備:混合機SDHJ.2 (18.5KW、1000kg/ロット) 生産力6T/H 混合均一度Cv≦5%

SFYH1000 automatic batching premix feed set

SFYH1000 automatic batching premix feed set

梱包プロセス:混合した後の完成品のプレミックス材料は、直接に完成品倉庫に入り、閉風フィーダーを経て包装秤のバッファに入り、最後に自動包装秤で秤量し、専用の包装で連結してラベルを挿入し、口を縫う。

梱包設備:プレミックス材料専用包装秤 範囲20-50kg/バッグ、3-5バッグ/分。


SFYH1000 automatic batching premix feed set

補助プロセス

粉塵除去システムと材料投入口があり、梱包口でほこりを取り除き、労働者の労働環境を改善する。


プロセスは、さまざまな顧客のニーズに応じて最適化できる:

1.本方案では微量元素の人工添加を採用し、顧客は必要に応じて自動的に元素添加システムを添加する。

2.キャリアーと小さい材料の倉の数量も顧客の方案、原料の特性などの要素に合わせて調整することができて、最も高い利用率を達成して、有効に生産コストをコントロールする。

3.パッケージには粉塵除去システムを配置し、労働者の作業環境を改善し、顧客は必要に応じて配置するかどうかを選択できる。


プレミックス飼料プラントプロジェクト

プレミックス飼料の小型機械セット

のどれも

お問い合わせ

サービスセンター: +86-519-6826 6288 /+86-17705145508

工事センター: +86-519-6826 6588 /+86-15206145688

南側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園晨陽路6号

北側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園泓盛路558号

Copyright©江蘇省梁友正達(FDSP)版権所有。