1-2000T&1-3000Tトウモロコシ鋼板倉工事

江蘇良友正大株式会社は鋼板倉設備及び倉ストレージシステム工程技術の研究、開発、設計、製造及び関連製品の販売とサービスを専門とする。鋼板倉工事は食糧業界、飼料業界、油脂業界、建材業界、醸造業界及び港口業界に応用できる。良友は国内外にプロ設計、プロ製造、プロ螺旋倉と組立倉のインストールの鋼板倉工事にを提供する。


組立倉の紹介:

 高品質の亜鉛メッキ鋼板で作り(亜鉛メッキ量の規格:275 g /㎡、350 g /㎡、450 g /㎡)、全自動波紋板生産ラインで生産する。組立倉の直径がφ2.75mからφ27.5mまでであり、まっすぐな部分の高さが1.12mから20.16mまでであり、容積が11m³至から13333m³までである。

  •  サイロの内部は顧客の需要に応じて、測温システム、通風システム、インジケータレベルシステム、環流燻蒸システムを配置することができる。

  •  サイロは貯蔵物によって、トウモロコシ鋼板倉、大豆鋼板倉、小麦鋼板倉、大麦鋼板倉、コウリャン鋼板倉、豆粕鋼板倉、木屑鋼板倉、バイオマス顆粒鋼板倉に分けられる。同時に、当社は小麦粉鋼板倉、セメント鋼板倉、建材鋼板倉をカスタマイズできる。

  •  サイロはホッパータイプにより、コンクリート平底鋼板倉、コンクリート円錐ホッパー鋼板倉、鋼構造支持鋼板倉(容量1500T以下)に分けられる。



This project is 1-2000T&1-3000T maize steel silo storage projec

Feed industry 1-2000T

プロジェクトの紹介:本プロジェクトは1-2000T&1-3000Tトウモロコシストレージ工事であり、工芸の特徴が以下の通りである。

1.鋼板倉内の材料は主にトウモロコシであり、サイロタイプが組立倉であり、2000Tの直径が¢12.8mであり、まっすぐな部分の高さが20.16mであり、3000Tの直径が¢14.6mであり、まっすぐな部分の高さが21.28mであり、基礎の形式がコンクリートフラット基礎である。

2.主要なプロセス:アンロード ストレージ  排出


プロジェクトの説明:

(1)アンロードプロセスは液圧バックフリップアンロードであり、グリッドスクリーンがトラックには耐えられず、アンロードピットと棚に集中除塵システムを配置し、作業環境を改善する。

(2)ストレージと排出プロセス:本プロセスは主にトウモロコシを貯蔵し、倉内に測温、通風システムを設置し、食糧の状況を有効に制御できる。


プロセスの設計特徴:

(1)顧客の要求に応じて、液圧バックフリップアンロードを選択する。

(2)材料が倉に入る生産量が多いことを考えると、バックフリップアンロードの時、アンロード棚内のほこりが大きく、相対的な密閉空間にあるため、アンロードピットに除塵点を配置する以外に、棚の頂部のピットに近い上方に2か所の除塵点を配置する。

(3)原料が比較的きれいであるため、本プロセスではクリーニングシステムを配置していない。

(4)倉の底の基礎設計はコンクリートフラット形式であり、清掃機で材料を排出する。


他の説明:

プロジェクトと顧客の要求に応じて、プロセスに違いがあり、以下は具体的な工程での選択肢である。

(1)本プロジェクトの顧客は2つの倉の容積が異なることを要求するため、一般的には同じ規格の倉を選択することを推奨する。

(2)クリーニングシステム(原料の不純物が多い場合は、倉に入る前にクリーニングシステムを増加できる)

(3)通風、測温システム(原料が比較的乾燥しており、かつ倉内ストレージ時間が冬で7日、夏で4日を超えない場合には、この部分を省くことができる)

(4)材料交換システム(原料が比較的乾燥しており、かつ倉内のストレージ時間が冬で60日、夏で30日を超えれば、材料交換システムを配置する必要がある)

(5)顧客の場所制限がある上、顧客が二つの倉全体のほぼ同じ高さを要求する場合、¢12.8m×20.16mの2000T倉、¢14.6m×21.28mの3000T倉を設計する。一般的に、2000T倉の規格が¢12.8m×20.16mであり、 3000T倉の規格が¢14.6m×21.28mである。

(6)顧客は需要に応じて螺旋倉或いは組立倉を選択できる。

1-2000T&1-3000Tトウモロコシ鋼板倉工事

1-2000T&1-3000Tトウモロコシ鋼板倉工事

のどれも

お問い合わせ

サービスセンター: +86-519-6826 6288 /+86-17705145508

工事センター: +86-519-6826 6588 /+86-15206145688

南側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園晨陽路6号

北側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園泓盛路558号

Copyright©江蘇省梁友正達(FDSP)版権所有。