良友株式会社は国家両化融合管理システムの標準貫徹の評価に合格

12. 31, 2019

Liangyou shares successfully passed the evaluation of national integration management system

2019年5月18日、江蘇良友正大株式会社は正式に両化融合管理システム貫標起動会を開き、「両化融合貫標特別チーム」を設立した。会社の陳志亮社長は、会社の両化融合管理システム貫標の目標と意義を提案し、各部門が全力を尽くし、積極的に具体的な仕事の手配と実行に協力することを求めた。

 12月9日、江蘇鴻信系統集成有限公司の2名の査定教師が現場に来て、良友株式の両化融合発展及び両化融合管理システムの建設状況に対する第一段階評価審査を行った。社長は会社を代表して査定専門家の到来を熱烈に歓迎し、査定専門家が両化融合貫標の試行期間の問題点と不足に対して多くの貴重な意見を提出することを望んだ。審査の重点は良友株式の発展戦略がどのように両化融合の仕事を着実に実行して、「お客様の注文に応じた生産及び納品能力」の新型能力の建設過程の規範性に対して精緻な審査を行った。インタビュー、サンプル資料、内部総括などの査定、審査を経て、良友株式が両化融合管理システムの初回査定の第一段階審査を順調にパスしたことを宣言した。

 12月25日、江蘇鴻信系統集成有限会社の4名の査定専門家は再び良友株式にご出席し、両化融合管理システムの第2段階の審査を行い、会社の社長-志亮、管理者代表-陳時新、生産副社長-曽雪峰、技術総技師-呉翔、企業の両化融合特別チームの担当者や企業の各部門の担当者などが参加した。

 査定専門家グループは『情報化と工業化の融合管理システムの要求』(GB/T23001-2017)の要求に従って、現場視察、文書記録の調査、組織の交流・インタビュー、サンプリング・データの検索、スマート機器の応用調査などの形式を通じて、会社の両化融合管理システムの過程に対して評価と審査を行い、両化融合管理システムの運行の証拠に対して収集を行った。審査チームは会社の情報化環境下での「お客様の注文に応じた生産及び納品能力」の新型能力に対して全面的な評価と審査を行い、そして最後の会議で良友株式が順調に第2段階の標準審査をパスしたことを宣言し、良友株式の将来の発展に対して非常に良い指導意見を提出した。社長のまとめは次の通りである:

1. 両化融合システムの認定は会社の情報化建設の重要な記念碑であり、会社の生産、経営、管理業務の標準化、規範化、リーン化のより高い要求である。

2. 標準貫徹のパスは我々の目標である。より重要なことは、我々なら両化融合管理システムの構築と長期有効な運行を通じて、情報を会社生産経営の過程に融合し、会社のデータに対する深掘りと応用を頼って、会社の戦略から具体的な事務の運行までに指導して協同、高効率、全局、動態な管理を徹底的に実行して、会社の情報化環境下での新型能力を深堀りする

3. 会社の各部門は専門家グループが提出した修正項目に対して、直ちに改善を行い、一を聞いて十を知って徹底的に改善し、同じ問題あるいは類似の問題が再び発生しないようにしなければならない。

4. 未来、会社はすでに建てた両化融合管理システム活用し、さらに「高効率の供給、金融一体化の制御能力」と情報化の环境下でデジタル開発能力、リーン生産能力、正確なマーケティング能力、財務業務の一体化能力、サプライチェーン協同能力とデータの分析に基づいた経営意思決定能力など新型能力の建設を作る。両化融合管理システムの企業管理に対する指導とリードの役割を運用し、発揮する。管理革新、科学技術革新、プロセス革新、サービス革新を推進し、企業の情報化、インターネット環境における管理レベルを向上させ、企業の持続可能な競争の優位性を高め、会社の長期的な発展のために永久動力を提供する。


お問い合わせ

サービスセンター: +86-519-6826 6288 /+86-17705145508

工事センター: +86-519-6826 6588 /+86-15206145688

南側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園晨陽路6号

北側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園泓盛路558号

Copyright©江蘇省梁友正達(FDSP)版権所有。