専門に専念して世界に向かって——FDSP良友株式が再びバングラデシュ国際展覧会に登場

04. 11, 2019

2019年第9回バングラデシュ国際農業・牧畜業展覧会が4月4-6日にダッカで開催された。この展覧会はバングラデシュの大きい農業と牧畜業界の展覧会であり、業界企業に集中的な展示、交流と協力の理想的なビジネスプラットフォームを提供し、中国企業がバングラデシュ市場に参入するチャンスである。

江蘇良友正大株式会社は「専門に専念し、世界に向かう」をテーマとし、中国飼料機械業界の一員として、約束通り出展し、成功を収めた。

展覧会の間、良友のブースには多くの参加者の足を引き、飼料工場のユーザー、貿易商及び代理顧客などを含め、我が社の技術エンジニアが参加者と交流し、設備及び工事の詳しい説明及び現場の解答を通じて、良友製品の高効率、高品質、高生産量、低消費量の設計理念を伝達した。我が社は、多くの代理意向顧客の了解と相談を通じて、30年以上の歴史を持つ輸出入貿易会社を最終的に確定した。両方は現場で独占代理契約を結んだ。これは良友が更にバングラデシュ市場を開拓し、協力とウィンウィンを実現するのに助力する。

同時に、良友は現場で全く新しい展示板の設計、画集とケースを結合するなどの形式を通じて、FDSPの四つの産業である飼料機械、バイオマス機械、肥料機械、サイロ機械とプロジェクト、及びリング型モールド、カレンダーローラーなどの部品を全面的に展示した。インド、ミャンマー、バングラデシュなどの国家からの顧客は続々と関連項目を問い合わせており、主に10t以上の家畜・家禽飼料生産ライン、小型飼料機械セット、家畜・家禽飼料+プランクトンの魚飼料混合ライン、飼料工場原料のサイロあるいは米加工工場のサイロなどがあった。我が社は顧客に長年の技術革新、製品の最適化、総合的な問題解決策などの実例の成果を詳しく紹介し、専門と専念が顧客及び業界関係者の一致した認可と評価を得た。展覧会では、すでに多国間および地域との協力の意向を達して、バングラデシュや南アジア市場を開拓するための良友のさらなる開拓の基礎を築いた。

飼料機械とプラントプロジェクトの総合的な問題解決に専念する有名な企業として、FDSP良友株式は今回のバングラデシュ国際展示会に参加し、良友のアジア、特に南アジア市場におけるブランドイメージと業界の影響力を著しく向上させる。また、業界の顧客と技術情報の交流を通じて、海外の目標市場をさらに開拓し、良友の発展に新たなきっかけをもたらす。


お問い合わせ

サービスセンター: +86-519-6826 6288 /+86-17705145508

工事センター: +86-519-6826 6588 /+86-15206145688

南側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園晨陽路6号

北側工場: 江蘇省溧陽市江蘇中関村科学技術産業園泓盛路558号

Copyright©江蘇省梁友正達(FDSP)版権所有。